12月の宇宙神ありがとうございます護摩焚き

今年一番の冷え込みと感じられる12月1日の朝を迎えました。
氷点下のなか、準備から始まります。

5:45~ プリント綴じ



続いてお包み作り(白箱を1.5万本分10箱)
ステージ移動までの時間(8:00)に仕上げました!

護摩焚き会場の準備 をしています。
テントの設置や 長椅子の上にマットを
敷いています。
フラワーアレンジ


12月は先生のご誕生月。
無限の無限の一大循環の日、
皆様それぞれが先生の働きを担うということに
心をいたしました。
さあ護摩焚きの始まりです。
点火の様子です。
「宇宙神ありがとうございます」のお祈りで
新たなる全徳の無限の無限の輝きが
無限に無限に一杯!! に



すべての皆さまのお陰で、
令和元年12月もすばらしい護摩焚きになりました。
宇宙神ありがとうございます


司会者の方の感想です。

「司会者はこうしなければいけないと捉われなくていいと聞いていたので、楽にできました。結果を気にせず楽にできました。ありがとうございます」

神さまのお蔭、皆様のお蔭で無事終えることができ、たくさんの気付きをいただきました。ありがとうございます」

護摩からお食事会へ村への帰り道、惟喬親王陵へ立ち寄ってみると、
偶然にも今初夏、御陵に多くのクリン草を植えられたという方と
すれ違いました。
来年はもっと多くのクリン草を御陵の入口付近に植えようと計画中とのこと
です。

お食事会はカニ鍋、 カレー、愛情たっぷりお好み焼きのほか、 赤飯、野菜たっぷり味噌汁、 光の玉子、差し入れのクッキー、高菜漬け、フルーツ盛り合わせ ドリンクバー等々 
今日もご馳走様でした ♡
最後は発送準備作業  

次回の宇宙神ありがとうございます護摩は令和2年1月5日です。

1月・2月の護摩焚きの会場はありがとうは、ありがとうボランティアグループの敷地内になります。

また新年に皆様にお会いできることを楽しみにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です