山仕事

宇宙神ありがとうございます。

冬の間に中断していた山仕事が始まりました。伐採した木の集材をして山仕事は完成となります。

集材を始めて4日目の日は、2名の方がご奉仕作業に参加をされました。

この方たちとともに行なった作業は人力での集材です。今回の作業現場はこちら!

植林地の間伐をしたところの材出しです。道がつく前に木を伐ったので長いまま材がおいてあります。材を出すためには林内運搬車のウィンチを使用します。斜面の上から下の道に向かって材を長いワイヤーで引っ張ります。

参加された方は、長いままの材をメジャーで測って4メートルごとに印をつけたり、細すぎて材として出せない木を細かく伐って集積したり、林内運搬車のワイヤーを材に掛けるために斜面の上り下りをしたり、また材を引っ張る際に株などで引っかからないように材の方向をトビを使ってリードしたり大活躍です。

道から離れたところは、手作業で皆で協力をしながら進めていきました。いつもより2人増えての作業だったのですが、それ以上の神さまの支えと助けを感じました。

バラバラの材をすべて下ろし、サーっと明るく開かれた場所になりました!

先行して集材班が、材を道へ出した後は、大型機械の登場です。3トンの材を載せることができる大型林内運搬車が2台。2台で一日に約50トンの材を土場へ運びます。

林業用グラップル。爪が大きく開くので、一度にまとめて材を掴むことができます。

他にも、 林内運搬車で運んだ材をトラックに積み替えるための仮置き土場に、積み込み用フォークグラップル1台。合計4台の重機をリースして作業を進めています。

5ヘクタール程の広い範囲なので、まだまだ集材の日々は続きます。ご都合つく方は、ぜひ山仕事はいかがでしょうか?

ゲームのように、バラバラにある材を、どのルートを通ったら簡単に下ろせるか?神さまの知恵をお借りして行うのも楽しいですよ。

宇宙神ありがとうございます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です