3月の護摩焚き

前日の様子

ステージの掃除と梅の植林が行われました。
お食事会でのお食事。ご馳走様でした。

当日の朝の様子

ごま木の箱詰めをしています。

護摩焚き会場にて

先生と共に宇宙神ありがとうございます護摩焚きの開始です。ありがとうございます。

護摩焚きの様子です。

司会の方々です。
今回の護摩焚きでは手ぶりをされる方、印可書を読まれる方、歌を歌われる方がいたり、お一人お一人がいろんな形で真祈りを捧げました。

司会の方々の感想です。

「今まで前に出て、真祈りの奉納をさせてもらったことがなかったけど、今日司会させてもらって、素直に出来て良かった。こんな大役も今までにはなかったけど、初めてさせてもらって良かったなと思っています。」

「今回参加させていただいて、新たに完璧なひとつを感じることが出来た気がします。皆さんの真祈りに感謝します。」

「すごくチャンスを頂けたと思います。なかなかこういう大役はチャンスがなかったら出来ないと思うので、すごく良かった。」

村で演奏がありました。

素敵な歌声です。

3月の護摩焚きで焚き上げた枚数は77,394枚です。

次回の護摩焚きは4月5日(日)午前9時30分頃から開始いたします。
場所はステージです。

また、皆様と会えるのを楽しみにしています。宇宙神ありがとうございます

2月の護摩焚き

令和2年2月2日晴天(^^♪

時計に注目!!

実は・・・令和2年2月2日 
    2時22分!!

まずは前日の作業

金曜日から降り出した雪が積もった土曜の朝は、一面真っ白!

朝一番で雪かきです!

屋根の雪はトラックに上手に落としていきます!カッコいいねーー。

トラック何台分運び出したでしょうか?!3時間びっちり作業です

♡ 土曜日のお食事会

豪華なお食事が並んでます!
お味も最高! (^^♪皆さんも土曜日から来てね(*´▽`*)

♡ 護摩当日の朝の様子

白布包み2万5千!頑張った(^^♪
当日の朝の作業、プリント綴じ
各地から神々が集まって
受付コーナーもにぎわってます。

♡ いよいよ護摩焚きです!


繰り返しますが、令和2年2月2日、記念すべき日と開会のあいさつがありました。

不思議!綺麗!雲!

滞りなく、2月の護摩焚きが終わりました。3月もお待ちしております。

2月の護摩に集まった総数は70,687枚でした。

司会の方の感想です。

・緊張してましたが、細く長く呼吸しなさいとアドバイスいただき、落ち着いてできました。

・「な~んで引き受けちゃったんだろう」って思いましたが、
やってみたら「ほ~んとよかった~!」
大きく飛躍することが出来ました!! ありがとうございます。

次回の護摩焚きは、3月1日(日) 午前9時30分~です。

令和2年1月の護摩焚き

・・・護摩焚き前日・・・

護摩焚きの前日は、護摩木作り、
薪の片付け(上の写真)をしました。

ロボットを作ってみたり、おやつを食べたり!

お食事会、奉納の準備。

上の写真は、土曜日のお食事会の様子です。

・・・護摩焚き当日・・・

昨日までは、雪もなく暖かでしたが、今朝は雪がチラホラしてます。

護摩焚き前のお包み作り。
護摩焚きが始まりました。
一人ずつ前に出て、真祈りを捧げます。

沢山の護摩木が集まりました。
護摩木を焚き上げます。


奉納屋台の様子です。沢山の方々で、会場は一杯!!
美味しいお料理でお腹も一杯!!
お土産コーナーでは、沢山の祈願柱が並んでます。

今回は、司会はお一人でされました。
感想をお聞きしました。
「皆さんに支えて下さって、感謝感謝だけです。
途中、護摩木の焚くペースが緩やかになり、まだ、護摩木があんなにあるけど、
すごく時間がかかっちゃうかもとか思ったんですけど、そこからあっという間に、終わってしまって、神さまはすごいなと思いました。
素晴らしい護摩焚きに神さまがして下さったと思いました。」

次回の護摩焚きは、2月2日(日)。

ありがとうボランティアグループの敷地内にて行います。
開始時間が早まることもありますので、お早めにお越しください。

12月の宇宙神ありがとうございます護摩焚き

今年一番の冷え込みと感じられる12月1日の朝を迎えました。
氷点下のなか、準備から始まります。

5:45~ プリント綴じ



続いてお包み作り(白箱を1.5万本分10箱)
ステージ移動までの時間(8:00)に仕上げました!

護摩焚き会場の準備 をしています。
テントの設置や 長椅子の上にマットを
敷いています。
フラワーアレンジ


12月は先生のご誕生月。
無限の無限の一大循環の日、
皆様それぞれが先生の働きを担うということに
心をいたしました。
さあ護摩焚きの始まりです。
点火の様子です。
「宇宙神ありがとうございます」のお祈りで
新たなる全徳の無限の無限の輝きが
無限に無限に一杯!! に



すべての皆さまのお陰で、
令和元年12月もすばらしい護摩焚きになりました。
宇宙神ありがとうございます


司会者の方の感想です。

「司会者はこうしなければいけないと捉われなくていいと聞いていたので、楽にできました。結果を気にせず楽にできました。ありがとうございます」

神さまのお蔭、皆様のお蔭で無事終えることができ、たくさんの気付きをいただきました。ありがとうございます」

護摩からお食事会へ村への帰り道、惟喬親王陵へ立ち寄ってみると、
偶然にも今初夏、御陵に多くのクリン草を植えられたという方と
すれ違いました。
来年はもっと多くのクリン草を御陵の入口付近に植えようと計画中とのこと
です。

お食事会はカニ鍋、 カレー、愛情たっぷりお好み焼きのほか、 赤飯、野菜たっぷり味噌汁、 光の玉子、差し入れのクッキー、高菜漬け、フルーツ盛り合わせ ドリンクバー等々 
今日もご馳走様でした ♡
最後は発送準備作業  

次回の宇宙神ありがとうございます護摩は令和2年1月5日です。

1月・2月の護摩焚きの会場はありがとうは、ありがとうボランティアグループの敷地内になります。

また新年に皆様にお会いできることを楽しみにしています。

11月の宇宙神ありがとうございます護摩焚き

朝のお祈りの休憩時間、広場に行くときれいな星たちが・・・北斗七星、オリオン座、ぎょしゃ座・・宇宙全体が喜んでいる・・・

準備をしているとなんと上空に虹が・・・・・

なんて綺麗なのでしょう!

まるで今日の護摩焚きの始まりを喜んで下さっているようです。


さあ護摩焚きの始まりです。

点火の様子です。

護摩焚きは、みんなの「宇宙神ありがとうございます」のお祈りで顕幽両界が  清められます。

今日の司会は親子です。気持ち良い響きでした。

司会者の感想です。

「護摩焚きの総責任者と言う重責でとても緊張しましたが、私を通して神さまが されること、と思い直しました。終わってみると、神さまのお蔭、皆さまのお蔭で すべてがうまくいったように思います。ありがとうございます。』

今日もすべての皆さまのお陰で、すばらしい護摩焚きになりました。

宇宙神ありがとうございます

次回の宇宙神ありがとうございます護摩は、12月1日です。

また皆様にお会いできることを楽しみにしています。

2019年10月 宇宙神ありがとうございます護摩焚き

前日16時からお食事会 、  美味しい食事が楽しめます!
ぜひ前日からお越しください!(^^)

3種の味の焼きそば
村特製の具だくさんお味噌汁

私は村で見る星空が大好きです!空を見上げてみて下さい!

こんな星空が撮れました
左と同じ場所の数秒後です

当日朝のご奉仕

5:45~発送物のプリント綴じ
7:00~発送用の護摩木箱詰め

8:00に村を出発して護摩焚き会場の準備

テントや椅子の準備
ステージの掃除に奉納花の準備
持参頂いた護摩木を数えます
先生の祈願柱に花を奉納

9:30宇宙神ありがとうございます護摩焚きの開始

皆で護摩木に火着け
護摩焚きが開始
護摩焚きの炎 何に見えますか?

護摩焚き後 村で奉納があります

毎回登場するこだわりカレー
デザートいっぱい
フラダンスの奉納も

護摩焚き後のご奉仕

数日後、皆様のお手元に届く発送物を封筒に入れています。お時間があればお祈りの部屋に手伝いに来て下さい。

10月の護摩焚き司会者の方の声

「皆さんのおかげで無事に護摩焚きを終えることができました。御光いっぱいの護摩焚きでした。ありがとうございます」

次回は11月3日(日)9:30からです。皆様お越し下さい!!

宇宙神ありがとうございます

9月の護摩焚きが行われました

護摩焚きの前日には、夕方4時から『お食事会』があります。

今回は、特製スパゲッティが振舞われました。
スープもあるよ。
他のテーブルには、デザートやドリンクも並んでいます。

お食事の後のお楽しみは・・・・

でました!大人気フラダンスの始まりです。

今回は、男女混合フラですよ。

今日は9月1日 日曜日、『護摩焚き』当日を迎えました。
ステージの設営をみんなでします。

会場を彩る季節の花をみんなで生けてます。
ステージを見守る祈願柱にも、
お花が捧げられました。
ステージの駐車場では、みなさんを安全に迎え
られるように、誘導してくれています。
当日に持参された護摩木は、ステージ入口の
集計所で受付しています。

ステージ中央の護摩壇では、
護摩木に火がつけられました。

護摩壇を囲み、みんなで点火しています。

9時30分、護摩焚きが始まりました!

司会の方の真祈りで始まります。

全国から集まった護摩木がくべられる中、
護摩壇の前にして、とぎれることなく、
お一人お一人、『真祈り』が捧げられます。

聖なる炎

護摩焚きは、1時間ほどで、無事終了しました。

終了後は、みんなで後片付けしました。

みなさん慣れた感じで、 テキパキと
片付けていきます。

今回司会をされた方に、お話を伺いました。
『実は、昨年5人で司会役をやらせていただいたのですが、
 その時の体験をふまえまして、今回は、自分の自由意思で司会役をやろう、
 と思い手をあげました。
 前日から関わることで、準備など陰で支えてくれていたことに気付いたり、
 一人なので不安になるところを、みんなが協力して助けてくれました。
 護摩焚きを終えてみて、一人一人がそれぞれの役目を果たして、
 みんなで創った護摩焚きだと感じました。
 やらせていただいて、ありがとうございます。』


護摩焚きの後は、ステージからありがとう村に戻って、
奉納屋台で、美味しいお食事を頂きました♪

9月の護摩焚きで、焚き上げた護摩木の枚数は、 63,302枚でした。

次回の護摩焚きは、10月6日(日)午前9時30分~です。

生きものだより ④

宇宙神ありがとうございます

久し振りの「生きものだより」です。

皆さんは、ありがとうボランティアグループの浄化槽の前にある貯水池にいる
金魚をご存知ですか?

この金魚さんたち、この数年でどんどんどんどん増えて、現在、こんなにたくさんの金魚さんたちが浄化槽の中をスイスイ泳いでいます。
写真を撮ろうとカメラを向けると・・・

こんなにたくさんの金魚さんたちがカメラに近寄ってきてくれました!

ありがとう村に来たら、金魚の数を数えて下さいね!


みんな人なつっこくて,かわいくて、食いしん坊の金魚ばかりです。
写真には写っていない恥ずかしがり屋の金魚さんたちもいますよ。

悠に、50匹以上はいるでしょうか?!

この金魚さんたちが住んでいる貯水池の水は、実はありがとうボランティアグループで出た生活排水(汚水)を浄化槽できれいにした水なんです。

金魚が住めるくらいきれいに水を浄化槽で浄化してから川に流すようにと、
先生は川の水を汚さないように常に気を配られていました。

この金魚の大家族に

金魚ジュニアが数匹いるのです!

今年、孵化した金魚が生き残って、金魚の子どもが泳いでいました。

金魚は、産卵した卵や稚魚を大人の金魚が食べてしまうそうです。

生き残った金魚ジュニアは、貯水池ではなく、貯水池の水が流れる黄ショウブのところで発見されました。卵が流されてきたのか、それとも稚魚が流されてきたのかわかりませんが、金魚ジュニアの発見は嬉しかったです!

真ん中の少し色の薄いのが、金魚ジュニアです。

ありがとう村に来られた際には、是非、金魚さんたちを見て下さいね!

金魚ジュニアも探してみて下さいね!

宇宙神ありがとうございます

8月の宇宙神ありがとうございます護摩焚き

~前日、土曜日のお食事会~

前日のお食事会の準備をしています。

お食事会の料理です。

お食事会の様子です。

~当日の朝の作業~

発送物を綴じています。
発送用の護摩木を箱詰めしています。


~ステージ~

駐車場係の人が車の誘導をしてくれます。
護摩焚きの準備をしています。

最後は、みんなで「宇宙神ありがとうございます」を唱えて、
感動!

8月の宇宙神ありがとうございます護摩木の枚数は、57,380枚でした。

宇宙神ありがとうございます

司会の方々に感想をいただきました。

「今回初めて前泊をしてみて、護摩をする為の準備を皆がしているのを今回してみて大変だなと思いました。司会の方は緊張しましたが、なんとか出来ました。」                  

「ドキドキでさせていただきました。総責任者の自覚を持とうと思いました。」

   司会の皆さん、ありがとうございます。

~屋台奉納~

村に帰って、屋台奉納です。

素晴らしい一日でした。

司会者の方、前日から準備に来て下さった方、護摩炊きに参加して下さった方、皆さん ありがとうございます!

無限の無限の感謝で一杯です!! 

7月の宇宙神ありがとうございます護摩焚きが行われました。

~前日の土曜日~

護摩焚き前日の土曜日のお食事会の後、素敵な♡素敵な♡素敵な♡踊りの奉納がありました!

史上初!

最高傑作の踊りです!

題して、「メンズ・フラ!」

男性陣のにこやかな笑顔をご覧下さい!

フラダンスを披露する男性陣の皆様、衣装が良くお似合いデスね!

ノリノリで踊っていましたね!  

神さまも笑顔で見ていらっしゃることでしょう!

また来月も踊ってくださ~い!

~護摩焚き当日~

護摩焚きが始まるまで、護摩木のお包みつくりと、発送物の
準備、奉納会場の準備などをします。

紫陽花が綺麗な色で咲いていました。緑も濃いです。

今回は、農家さんのドライフラワー用のお花が加わり、
いつもよりもお花が沢山です。

護摩壇に護摩木が入りました。

続々と皆さんが会場に集まってます。

護摩壇に火が付けられました。

炎が大きくなってきました。

今回の司会のお二人です。

司会のお二人に感想を聞いてみました。

皆との一体感が大きくなった、皆が大きくなって支え合っている感じがした。穏やかな気持ちになりました。

始まるまでは、不安だったけど、皆さんの支えで無事できました。感謝してます。

今回の護摩木の枚数は、68,229枚でした。

惟喬親王像が、お風呂に入って、きれいになりました。

お名前の銅板もなくなっていたので、今回は、布引焼きの陶器で
出来た物がはめられました。

奉納では、今回も美味しいものでお腹が一杯です。

フラの奉納もありました。優しい音楽に暖かいフラ。

7月だというのに、夜中から雨が降ったせいか、とても涼しく
気持ちのいい風が吹いていました。雨は、護摩焚きが始まる直前にやんでうす曇りの中、でも、とても爽やかな気候の中で行われました。